<< ニューギターだぜ!! コンビニ監督 >>
LEFTOVERTURE/KANSAS



 去年、「音楽」のレコーディングに向けてスタジオ通いしていたある日、亀田さんが一枚のCDをくれた。

「ビートルズやストーンズの様な王道もいいけど、“なんでこんな曲が全米でバカ売れしたの!?”って言いたくなるような変わったバンドは1960~70年代には沢山いたよね。きっと参考になるから聴いてみて」と仰って渡してくれたのそのCDは、亀田さんが作った“何故か全米ナンバーワンになっちゃったシングル集”だった。

これはきっと、亀田さんがFoZZtoneの中に脈々と流れる邪道の血を見抜いて渡してくれたのだと、俺は勝手に思っている。

そのCDの中に入っていたKANSAS(カンサス)の「Carry On Wayword Son」という曲が結構気に入っていて、こないだアルバム「Left overture」を買ったのだが‥‥

ドツボだ。

笑ける。このアルバム笑かしよる。
こんなにバカなバンドが世の中にいたのか‥‥‥いちいち展開が笑かしよる、ニヤかしよる。
曲によってはメロディーの筋が読めない面白さもあるし、バカテクだけどイギリスプログレほど大仰じゃない。
サウンドもどこか脳天気で重すぎない。
こいつは名盤というか‥‥明盤?



 これがキッカケで自分の中で“CD買いたいブーム”がやって来た。

わらわらと買い込んでおります。

今日は昔からずっと欲しかったジョージハリスンの「Dream Away」を含むアルバム「GONE TROPPO」を購入。

帰って聴くのが楽しみだわいな。
[PR]
by fozztone | 2009-04-27 20:30 | MUSIC
<< ニューギターだぜ!! コンビニ監督 >>