<< 愛知九泊 裁判員制度に向けて個人的に推奨... >>
仏について

 「仏について」
   歌詞/ゴータマサシッダルタ

 悟り合う度に揺られて
 見失う度に出家していた
 涅槃は神に委ねて
 何を犠牲にしても

 まだ見えない
 追いつけないガンダーラ



 浜松のラジオに出演した際に、局の方と仏像について多少話をして来た。

仏像が静かなブームらしい。
全国の本屋ではビジュアル重視な仏像雑誌が売れているという‥‥‥ビジュアル重視な仏像って(笑)



 俺は別に仏像マニアってワケでもないが、強いて言うなら木彫りの仏像は好きだ。

パンパンに張った筋肉に血管の細部まで細かく削り出された金剛力士像や十二神将像、首筋の筋肉が最早エロティックでさえある馬頭観音もカッコいい。
ツルンとした千手観音とかよりも断然マッチョ仏像派だ。
密教系だが、象の頭をしたガネーシャもアブノーマルな造形美に満ち満ちている。

それはきっと大木から彫り出された仏像達が放つ猛々しいのパワーに魅力を感じているからではなかろうか。

でもツルンとした仏像が好きな人は何だろか、やっぱ美少年好きなんだろうか?
仏像ブームは女性の間で広がってると聞いたが‥‥‥仏像マニアの間でどの辺がツボなのかは不明だし、マッチョ派ツルン派の割合も不明だ。

まだまだ謎は深いね。



 つかさ、仏像ブームの流れで即身仏ブームは来ねえのかな?

俺、宇宙空間で即身仏になるのが夢なんだよね。
まぁ百歩譲っても宇宙葬がいいかな。
大気圏葬とかは今でも十分可能だろうね。「やはりザクではもたんか!」とか言いながら燃え尽きたい。

そしてやっぱりブラックホール葬が究極だね。
重力の臨界点を超えた世界で死にたいね。

そしたら本当の仏じゃね?



仏教は人の中に仏を見出したところが良いね。
仏像ブームが転じて即身仏ブーム、最終的に人間ブームになったら良いね。

もう何がなんだかわかんねぇけど。
[PR]
by fozztone | 2009-05-27 11:15 | グダグダ
<< 愛知九泊 裁判員制度に向けて個人的に推奨... >>