<< シモキタンラリアット! The Sound of Mu... >>
The Sound of Music 全曲解説 2

 
M2音楽

 亀田氏とのセッションで辿り着いたFoZZtoneの“The FoZZtone”。
先日のイベント「音楽祭」でも強く実感しましたが、バンドやスタッフに限らずあらゆる人達がそれぞれに音楽に深い興味を持って楽しみ続けている事に、ひたすら感謝と感動を覚えます。
音楽を作る立場として、この曲を受け入れてくれた人達にひたすら感謝の日々です。

皆さんが素晴らしいと感じる音楽はあらゆる現実を凌駕して常にあなたの中で素晴らしいものなのです。
例え作り手でさえも、それを変える事は出来ないのです。

どうぞ、存分にお楽しみ下さい。



 余談ですが、この曲の歌詞にある「俺の選曲は素晴らしいから」という言葉に、あぁこの歌詞にして良かったなぁと日々感じています。

まだ自分が何者でもなかった頃、ギター等の楽器を弾いて歌う事はあまりにも遠い世界の様だったし、
作詞や作曲に対してもフワフワとしたイメージしかなく、
ましてやバンドを組むことすら考えていなかった時、

自分が作り出す事が出来る音楽は唯一、「選曲」しかなかった。

それを「自分が作り出す音楽」と言ってしまうのはかなり強引な気もするが、今振り返ると、好きな音楽を自分の好きな順番に並べ変え、アルバム単位で自分なりのストーリーを作り上げていく事は実に生産的で有意義な音楽との触れ合いだった。

ましてや、カセットテープをチュルチュルと巻き戻していたあの時代は過ぎ去り、今や一発頭出しが当然のiPodの時代だ。

きっと自分が子供の頃とは比べものにならないくらい全ての人達が、いとも簡単に音楽とディープに付き合える世界がやって来たのだ。

作り手から発するだけに留まらず、聴き手の中で生まれ変わっていく音楽の素晴らしさを曲に出来た事を、

かなり誇りに思う。

それを分かち合える人達も。
[PR]
by fozztone | 2009-07-17 21:49 | MUSIC
<< シモキタンラリアット! The Sound of Mu... >>