カテゴリ:グダグダ( 32 )
明朝体に注ぐ私の愛



 と、いうわけで13日間に渡って全曲解説して参りました。

こういったものを書くのはそもそも私が口述よりも文章でお伝えする方が得意だからで御座います。

今日までInta-FMさん他様々なラジオ番組、TV等に出させて頂いて非常に光栄なんですが、やはりお喋りってのは非常に難しい。まだまだ勉強中でございます。

拙いトークを補いつつ、時間の制約を離れた所で音楽の話をしたいと思いました。

ホントに皆様、毎度の長文読破お疲れ様です。



 ところで、先日携帯を機種変更致しました。

これがいわゆる次世代向けの超ハイスペック携帯でして、なんか色々な諸々がカクカクシカジカです。

で、その携帯は買ったばかりだといろんなモノが初期設定の状態で、特にフザケているのがフォントです。

これが初期設定のフォントか!?と突っ込みたくなるくらいお茶目な文字でイライラしていたら、どうやらアップデートしたり携帯アレンジ機能みたいなのをダウンロードするとフォントが変えられるらしいじゃありませんか。

その辺には携帯電話会社のシタタカさを感じちゃいますね。

私は文章を書く上でフォントに語調を大きく左右されるので、仕方なく一般的なフォントをダウンロードしようと思ったんですが‥‥‥‥

明朝体があったんですよ。
明朝体が。

私、大の明朝体フェチでして、FoZZtoneの歌詞カードも結構な割合で明朝体です。あのしゅっとした感じとかたまりませんね。
堅物そうなくせしてシュールな世界に無言でグイグイ乗ってくる性格とかもたまりません。
明朝体がもしお口に入れても有害ではない固形物だったら確実に毎日ガジガジ噛んでいることでしょう。
「あらアナタ、また明朝体ですの?ガジるのも程々になすってくださいな。」と細君。「なあに、体に毒というわけではあるまい。それにエゲレスでは男児の情操教育として明朝体を朝晩ガジらせるんだそうだ。第一、あれをやると私は胸がすっとするんだ。」と私。
ああ、美しき明治維新‥‥‥。

勿論ダウンロードして設定してみたんですが、まあ素晴らしい。あらゆる文字が理知的に、理路整然と、観音様の背で咲き乱れる千の救い手の様な威光を放っているじゃありませんか。
私のグダ文も一気にシュールレアリズムの雄と呼ばれる文豪が気まぐれにしたためたオシャマなポエムくらいのところまで昇格した気分です。
いい、明朝体はいい!

ブラウザのフォントが変更できる方は是非とも自分の文章が雅な世界に踏み込む瞬間を体験した方がいい。
きっと君にも多少口うるさいところはあるが色白で気立ての良い細君が見えるはずだ‥‥‥
「ほら、いい加減になさって。もうお夕飯が出来ましたわよ‥‥‥今朝は向かいの縮緬問屋さんが良い小松菜を分けてくだすったの。とても新鮮なんですよ。」「まあ待て‥‥ガジガジ‥‥あとひとガジりだけさせてくれても‥‥フガフガ‥‥罰は当たるまい。むガジむガジ。そうら、これで終いだ。ガジュガジュリンチョ!」「まあ、あなたったら本当に明朝体がお好きなのね!」





※細君[さいくん]{:妻君:}
(1)他人の妻.※同輩以下に使う.
(2)「自分の妻」の謙称.
中国,前漢の武帝の元封1 (前 110) 年頃烏孫王昆莫に嫁した宗室の女。遊牧民のテント生活に望郷の念やみがたく,「願わくは黄鵠となって故郷に帰らん」で結ばれる詩を作ったと『漢書』西域伝に伝えられる。生没年未詳。



※情操教育[じょうそうきょういく]
道徳的,芸術的,宗教的などの社会的価値をもった高次な感情ないし意志を養うための教育。教育史上ではヘルバルト派が意志的情操教育を,I.カントが美的情操教育を,また F.E.D.シュライエルマッハーが宗教的情操教育を主張した。日本では,おもに音楽,美術の教材や,作法,茶道,生け花,ペットなどを通じて情操教育が行われる。


Webサイトデータの引用添付もできるんです。
[PR]
by fozztone | 2009-07-30 02:46 | グダグダ
打ち上げンヌ
f0201843_31343.jpg

ワチャワチャンヌ
グダグダンヌ
ロケンロー――――――――――――ル

[PR]
by fozztone | 2009-07-05 03:01 | グダグダ
今度こそ光について



 先日、フライングポストマンプレスのインタビューを受けさせてもらった際に
「shine」をテーマに5曲選ぶ事になり、自分が思う「shine」っぽい曲について語った。

その際、「光」について雑談した。

虹を見て解るように、太陽光線には様々な色が含まれている。

空が青く見えるのは大気が青以外の色を吸収し、青だけを弾いているからだとかなんとか‥‥‥科学の授業でそんなんゆってた。

人の肌が肌色に見えるのも、太陽光線に含まれている肌色以外の光を肌が吸収し、肌色光線だけを弾いている為、肌色に見えるんだそうな。

多分。

全く同じ理由で全ての色は吸収されずに反射された、いわゆる「仲間外れの色」が人の目に映っている。

つまり、白い紙は白以外の色が好きで全部吸収するけれど、白だけは好きじゃない。だから弾く。
そう考えたら世の中の色彩は物体に嫌われた色だけで構成されているのかもしれない。

と、いうような事を化学の先生が言ったような‥‥‥


簡単に言ってしまえば、ものの本質は見かけによらない、とかそんな慣用句で収まる話だ。



感情論で言えば、好きな色のモノが本当はその色を嫌っているというのは寂しい事だ。

ジーンズを選ぶ時、色味を吟味して吟味しまくった挙げ句、一番お気に入りの色のジーンズを選ぶが、選ばれた彼はその色が嫌いかもしれない、というのは切ない。
良いじゃないか、お前のブルーは良い感じだよ、と言ってやりたい(笑)

黒いブーツなんかは強そうでハードな感じだが、奴が本当は黒を避けていると思うと少々ガッカリする。
本当はナイーヴなヤツなのかもしれない。

透明なガラスは、なんでも食える節操のないヤツなのか、それとも何かにつけてイライラしている思春期のガキみたいなヤツなのか‥‥‥



 花は受粉を手伝ってくれる昆虫が寄ってくる様に、自ら鮮やかな色に進化したとする説があるが
昆虫の好きな色を見抜いた上でそれを嫌いな色として反射するというのは‥‥

私服が地味なキャバ嬢みたいな感じだろうか?
[PR]
by fozztone | 2009-06-26 04:01 | グダグダ
まさぐりマダム



 電車に乗った。

わりと混雑していて、身動きが取れない。

明日ある男達は両手で吊革を掴む。
俺もそれにならって両手で吊革を掴む。

覚えのない言いがかりほど怖いものは無い。こんなところで一生を台無しにしてはならん。
この吊革を掴む両手は、万が一冤罪という雪崩が押し寄せて来た時にはザイルの様に命を救ってくれる筈だ。

しかし、被害者がいつも女性とは限らない。

ついに、俺にも「魔の手」は忍び寄ってきたのだ。




しばらく電車に乗っていると‥‥‥なんかケツがスッゴいもぞもぞする。

尻のレフトとライトの間に刻まれた渓谷を、何かが行ったり来たりしている。
何だ?一体何だ?
俺のブリッジを無断で頻繁に離着陸するモノは一体何だ!?
そしてそれは凄まじい摩擦運動を繰り返し、ついに後ろから股の下を突き抜け、俺の眼下に現れる。

!?

これは、‥‥‥‥傘だ。

俺の後ろで腕組みしているマダム肘にかけられているであろう傘が、電車が揺れる度に俺のケツを摩擦している。

マダム、正気ですか?

いや、マダムは自分の黒いお洒落なアンブレラが己の意志とは無関係に俺の尻を撫で回している事には全く気づいていないようだ。

おお、マダム、今度は先端が私のブーツの中に侵入していますよ。

嗚呼マダム、何故気付かない?今あなたの傘は猛烈に我が国土を侵犯していますよ。

しかもそこは我が国にとってはとてもデリケートな領域だ。例え同盟連合国家間であってもおいそれと情報開示するような領域ではない。確かにそういった風習を持つ国家はあるだろうが、それはそれなりに特殊な性癖や慢性的な痔持ちだとかの場合であって、我が国は決してそういった文化や祭を推奨していないし、我が国の経済状況も非常に円満に潤滑している。
つまりあなたの侵犯行為は全くのお門違いか、テロ行為です。おやめなさい、やめろ、今すぐやめてくれ、我が国民が何かに目覚めるその前に!
マダー――――ム!



 結局次の駅でマダムは降り、その間俺はマダムの傘に尻をまさぐられっ放しだった。
[PR]
by fozztone | 2009-06-25 01:04 | グダグダ
夏が来る





 どうしてもチャックが開いてしまうジーンズがある。







今朝、外を歩いていると眼光鋭い老人に「にいちゃん!」と呼び止められ、デカい声で「チ〇コ見えちゃうぞ!」と言われた。





さすがにパンツははいてる。
[PR]
by fozztone | 2009-06-13 08:26 | グダグダ
元気を出して



 近所のオモチャ屋のショーウィンドウ。

f0201843_23321898.jpg


うちの実家の方では子供が作ったプラモデルを名札付きで展示してる店が多かったが‥‥この店のプラモデルは誰が作ったんだろう?

写真右上にいるガンダムが物凄く元気が無い。
朝礼で校長先生の長話を聴かされている生徒の様に覇気が無い。

きっとガンダム好きはこんなフワ~っとしたポージングはさせない。
店主のおじいちゃんが仕方なく作って置いたんだろう。



 この店のショーウィンドウでは稀に、思いっきり万歳しているガンダムや前ならえしているザクも見かける。
店主のおじいちゃんはもう少しポージングを凝った方がいいと思う。
もしくはおじいちゃんの気合いが万歳や前ならえによって表現されているのかもしれない。
どちらにせよこれでは購買意欲が湧かないな。



 そもそも、最近のロウティーンはプラモデルを買うのだろうか?

お台場に原寸大ガンダムが建造中らしいが、あれは完全に「暴走した大人のプラモデル」だ。
建築過程や細かいパーツの一つ一つ、モデラー(もとい建築者)の声等をリアルタイムでウェブかなんかにアップするべきだ。
あれは作る過程をみんなで楽しむべきだ。

完成したらきっとみんな思う筈だ。
「で?」って。

話がそれたが、プラモデルはもはやロウティーン向けのオモチャではなくなっている。
TVゲームや携帯ゲームソフトも、完全にターゲットがサラリーマンやOL向けになりつつある。

いっそのこと老人向けプラモデルを開発するべきではなかろうか?

ある意味「盆栽」がそれにあたるが、誰でも共感出来る趣味ではない。
やはりガンダムの様にまずは大々的にアニメを放送し、人気に火がついたところで一気にプラモデルを発売するのが良かろう。

特に我々“大人になっても子供のオモチャで遊びます世代”が定年を迎える30~40年後に焦点を定め、一気に仕掛ける。

その名もズバリ「ジジイダム」(青汁付き)

どことなくガンダムの韻を踏みながらフリーダムに似た発音がいい感じだ。

ジジイダムが人気になった暁にはオモチャ屋のおじいちゃんもきっと気合いの入ったポージングをしてくれるハズだ。
[PR]
by fozztone | 2009-06-11 23:32 | グダグダ
カラーチャート 1



 モバイルコラムのイラスト、
いつもは絵の具で色を塗っていたのだが、いちいちパレットを洗ったりするのも面倒になってきたので

試しに色鉛筆を買ってみた。

感覚的には鉛筆とほぼ同じで使いやすいし、30色くらいあれば事足りそうだ。

が、困ったことに‥‥‥いや、別にそれほど困っているわけでも無いんだが‥‥‥

色鉛筆がケースにどうゆう順番で収まっていたか解らなくなってしまった。

使っていればそのうち変な並びになってしまうものだし、
鞄に入れて持ち歩いていたら勝手にケースが開いていて色鉛筆がめちゃめちゃになっている事も多い。

ふうむ、まいったな。

別にケースに並ぶ順番が狂ったからってどうって事は無いのだが、綺麗なレインボーカラーに並んだ色鉛筆を見てみたくなり、並べ直してみた。


f0201843_1130542.jpg



なんか違う気がする。

小学校の時も同じ様な事で悩んだ気がする。
本当にどうでもいい事だが、ただとにかく綺麗な順番に並んでるところが見たいだけなのだ。


f0201843_11305480.jpg



きっと何か違う。

かと言って買った時と同じ状態に並べ直せても、今となってはそれはそれで気持ち悪い配色なんだろう‥‥‥。
きっと俺が望むグラデーションを作るにはあと5本くらい色が足りない。






 ところで、昔も書いた気がするけど、
色を混ぜていく行為は視覚的以上に倫理的に発見が多い。

人の肌をオーソドックスな「肌色」で描こうとしても、その肌色は実はファンデーションの色だった事に気付く。

本来の人の肌はかなり複雑なグラデーションだった。

基本的にあらゆる自然色は濃淡のグラデーションを持ち、全く関係の無さそうな差し色を含んで成り立ったっている。

意外と「自然」は混じりっけ満載だ。
[PR]
by fozztone | 2009-06-09 11:30 | グダグダ
女王様とふたりきり



 既に福岡に来て2日目の夜。

泊まってるホテルに巨大浴場がある。
んで、その浴場の脱衣所に「ロデオクイーン」という名のロデオボーイが置いてある。

風呂に浸かってダラダラしている間に他の客が全て帰ってしまい、大浴場には俺一人になった。

脱衣所へ行くと、そこにはあのクイーンという名のボーイが‥‥‥そして俺に囁く。


「‥‥‥‥乗れよ‥‥‥‥」


誰もいないのを確認し、浴衣姿で女王にまたがる‥‥‥

スイッチオン‥‥‥お、‥‥‥おお‥‥‥

上下‥‥‥左右‥‥‥前後‥‥‥揺れる揺れる‥‥‥‥おおおお!


こ、これが‥‥‥コレがロデオボー、じゃねぇや、ロデオクイーンなのか!?


おおおおおおおお!!!!



痛てぇ!‥‥‥‥内股が革のシートにこすれて‥‥‥すげぇ痛てぇ!





 クイーンて‥‥‥‥そういう意味じゃ‥‥‥‥‥‥‥‥ないね。
[PR]
by fozztone | 2009-06-05 01:43 | グダグダ
仏について

 「仏について」
   歌詞/ゴータマサシッダルタ

 悟り合う度に揺られて
 見失う度に出家していた
 涅槃は神に委ねて
 何を犠牲にしても

 まだ見えない
 追いつけないガンダーラ



 浜松のラジオに出演した際に、局の方と仏像について多少話をして来た。

仏像が静かなブームらしい。
全国の本屋ではビジュアル重視な仏像雑誌が売れているという‥‥‥ビジュアル重視な仏像って(笑)



 俺は別に仏像マニアってワケでもないが、強いて言うなら木彫りの仏像は好きだ。

パンパンに張った筋肉に血管の細部まで細かく削り出された金剛力士像や十二神将像、首筋の筋肉が最早エロティックでさえある馬頭観音もカッコいい。
ツルンとした千手観音とかよりも断然マッチョ仏像派だ。
密教系だが、象の頭をしたガネーシャもアブノーマルな造形美に満ち満ちている。

それはきっと大木から彫り出された仏像達が放つ猛々しいのパワーに魅力を感じているからではなかろうか。

でもツルンとした仏像が好きな人は何だろか、やっぱ美少年好きなんだろうか?
仏像ブームは女性の間で広がってると聞いたが‥‥‥仏像マニアの間でどの辺がツボなのかは不明だし、マッチョ派ツルン派の割合も不明だ。

まだまだ謎は深いね。



 つかさ、仏像ブームの流れで即身仏ブームは来ねえのかな?

俺、宇宙空間で即身仏になるのが夢なんだよね。
まぁ百歩譲っても宇宙葬がいいかな。
大気圏葬とかは今でも十分可能だろうね。「やはりザクではもたんか!」とか言いながら燃え尽きたい。

そしてやっぱりブラックホール葬が究極だね。
重力の臨界点を超えた世界で死にたいね。

そしたら本当の仏じゃね?



仏教は人の中に仏を見出したところが良いね。
仏像ブームが転じて即身仏ブーム、最終的に人間ブームになったら良いね。

もう何がなんだかわかんねぇけど。
[PR]
by fozztone | 2009-05-27 11:15 | グダグダ
エキゾチック植物と警察手帳



 死ぬほどどうでもいいんだが‥‥‥



 TVドラマで刑事が一般市民に警察手帳を見せて「捜査にご協力願います」とか言ったり、家宅捜索の書類を見せて容疑者の部屋に押し入ったりするシーンがよくあるが‥‥‥

いざ警察手帳を見せられても、それが本物かどうかの判断はどうやってしたらいいんだろう?家宅捜索状なんて誰も見たことないだろうし。




 もしも‥‥‥俺の肩甲骨から不思議な香りのするエキゾチックな植物が生えてきて、その分泌物によって近隣住人の皆様がムンムンして夜も眠れなくなった場合、警察の方が家宅捜索に来ることもあるだろう。
そんな時、本物の警察手帳を知らなければ「今流行りのナントカ詐欺だろ?え!?そうなんだろ!?」と、警察官の方に殴りかかってしまうかもしれない。
そうなったら猥褻臭垂れ流し罪に公務執行妨害のバリューセットがついて刑期が伸びてしまう‥‥‥これは重大だ。

いや、それ以前に自分がそのエキゾチック植物のエキゾティック分泌物でムンムンして眠れず、警察に助けを求めるかも知れない。
そんな時も、やはり警察官を警察官だと証明するべきものは誰が見てももっともらしくあるべきだ。



 実際、警察手帳ってのはどんなデザインなんだろう?

ネットで調べたら警察手帳の画像がめちゃくちゃいっぱいアップされてた‥‥‥個人のブログとかで。
これはセキュリティー的に大丈夫なのか?警視庁。

デザイン的にはなんかオモチャみたいだった。
エンブレムはガンプラとかを改造するパテで作れそうな感じだ。
お札みたいに偽造不可能な技術を用いて作られているワケでもなさそうだし、ましてや誰もが本物を知ってるワケじゃない。
これはゆゆしき問題だ。

例え荒っぽい偽造品の手帳であっても、適当な黒いスーツにトレンチコートを羽織り、バッチリ七三に決めていれば刑事だと信じてしまいそうだ。

ドラマ水戸黄門にも「ニセ黄門が偽造印籠で人々を騙す」という話があった気がする。
つかそもそも黄門様が印籠を見せた時に「あ、あれは水戸光圀様の印籠だぁ!」と理解出来る一般町民達はなんなんだ?

まぁそれは置いといて、警察手帳には誰もが必ず理解出来て偽造出来ない構造が必要だ。




俺なりに色々考えてみたが‥‥‥


 遠山の金さんを見習って全身に桜吹雪の入れ墨を掘るのはどうだろうか。
左胸の皮膚には自分の顔写真を縫い付け、外科手術以外では取り外し出来なくする。
その下に生年月日や所属する署や管轄の書かれたプレートも埋め込む。
その他「警察官」「交通安全」「白バイ」「桜田門」「親子三代前科無し」などの入れ墨を至る所に施す。
体を張った警察手帳だ。

きっと偽造する気も起きないだろう。
警察官はみんな着物を着て、身分を証明する時は金さんよろしくグイと肌をさらして「○○署からめえりやした、公僕でごぜえます、おひけえなすって!」と叫ぶ。
うん、見たい。



 いや、むしろ警察官がみんなロボコップになればいい。

警察官がみんなロボコップならいちいち身分を確認する必要なんて無いし、偽造もかなり難しい筈だ。
ロボコップが浸透したあかつきには、
「ママ、僕大人になったら警察官になる!」
「ダメよケンちゃん、あなたはちゃんと人間の大人に育ってね。」
なんて会話をする親子もきっと増えるだろう。


そしてそんな彼等が家宅捜索状を持って来たら、本物だと信用出来る。

いつ何時、肩甲骨からエキゾチック植物が生えてきても、僕も君も安心だ。
[PR]
by fozztone | 2009-05-23 20:17 | グダグダ