カテゴリ:ムニャムニャ( 5 )
ドリームキャッチャーすごい



 悪夢三昧を気の毒に思われたのか、「ドリームキャッチャー」というモノをいただいた。

このドリームキャッチャーってのは確かネイティヴアメリカンだかなんだかの魔除け的な雰囲気の物体だったと思う。多分。

こいつを窓にぶら下げておくと悪夢を払い、良い夢が見れるとか見れないとか、そんなニュアンスが満載だったような‥‥‥とにかくフワ~っとしているが、十中八九魔除けだろう。

ここ最近もなかなかファンタスティックなクソ夢にうなされる毎日が続いていたので、試しにドキャ(ドリームキャッチャー)を窓際にぶら下げてみた。




 ‥‥‥するとどうだろう。

ぶら下げてから数日経つが、かなり高確率で良い夢を見れている。

以前は毎晩悪夢だったのだから、これは凄い事だ。
ドキャの効能は本物かもしれない‥‥


 ドキャ設置初日は背中から生えてきた気持ち悪い糸状の虫を川原亜矢子さんがピンセットで丁寧に引っこ抜いてくれる夢を見た。
次から次へと虫が生えて来たが、川原さんはずっと愛犬の話をしながら楽しそうにブッコ抜いてくれた。

なんか良い夢だった。


その後見た夢で印象的だったのは、千人くらいで焼きそばを食べる夢だ。
直径100メートルくらいの巨大フライパンの上で焼きそばがジュージューゆってて、長い箸を使って食べる。
箸が長過ぎて自分の口には届かないので適当につかんだ焼きそばを箸が届く距離の人の口に勝手に放り込む。
周りの人もガンガン俺の口に焼きそばをブッ込んできて、とても楽しかった。

キャノンが熱々のフライパンの上を裸足で走り抜けて注目を集めようとしていたが、「食い物を踏むな」とみんなから怒られまくっていた。

いい気味な夢だった。



 ちなみに今朝は海から次々と飛び上がって来る魚を銛で突きまくる夢を見た。
魚を突く度に横にいるタヒチ娘が「ブラヴォー!」と言って大喜びしてくれた。
初めは「つまらんことで大喜びするアホな娘だな」と思ったが、喜び方のボキャブラリーが恐ろしく豊富で見直した。

美味そうに生魚にむしゃぶりついている姿がとても幸せそうだった。
頭にかじりつく時のパキリッという音がグロくて良かった。



今晩もかなり期待大だ。
[PR]
by fozztone | 2009-07-04 03:01 | ムニャムニャ
愛知九泊



 ‥‥‥いや、一泊しかしてないけども。



濃かったわ~、出会いも、気持ちも、味付けも(笑)
今から東京帰るけど、名残惜しいねぇ。
名古屋は食の特産物が無いと言うけど、人間は豊かなキャラが豊作ですな。

VIVA人間王国って感じでした。






 が、今朝の名古屋のホテルでの寝覚めは最悪だった。

何が最悪かって、今朝見た夢が最悪だった‥‥‥



 夢の中で俺は畳の部屋で眠っていて、左手に携帯を握りしめていた。
その携帯には充電器のコードが刺さっていて、そのコードが伸びていく先を目で追っていくと、襖(ふすま)が見えた。

充電器のコードは襖の更に向こう、隣の部屋から伸びているようだ。

「随分長いコードだなぁ」と思っていると、コードがぴーんと張って、襖がカタカタと揺れ始める。
どうやら隣の部屋からコードを引っ張っている奴がいる様だ。

俺は携帯からコードが抜けないようにコードをしっかりと握り、隣りの部屋にいる誰かに「引っ張るな」という意味を込めて、コードをくいっくいっと2回強く引いた。

すると少し間があいた後、向こうからもコードをくいっくいっと2回引っ張って来た。

少し腹が立ったので更に強くコードをぐいぐいと2回引っ張った。

すると襖の向こうから小さな子供の笑い声がして、更に強くコードが引っ張られた。
弾みで携帯からコードは抜けてしまい、そのまま襖の隙間にヒュッと飲み込まれていった。
そしてさっきよりも大きな声で子供の
笑い声が響く。

俺は「このヤロウ、イタズラして遊んでやがるな?」と思い、頭に来た。
面倒臭いけど起き上がり、襖のところへ行って「オイ!」と怒鳴りながら襖を勢いよく開けた。

真っ暗い部屋の中に裸の子供が座り込み、こっちを見て笑っている。
手には携帯のコード。子供は俺を見てさらに大声でゲラゲラ笑う。

が、目は全然笑っていない。
「ぎゃあは、ぎゃはは」
前歯が一本もない。

その異様さに、「あぁ、これは完全に生じゃないな」と思い、すぐに襖を閉じる。
が、子供は向こう側から襖を開けようとしている。「ぎゃはは、ぎゃあはは」
それも尋常じゃない馬力だ。
俺は全力で襖を押さえつけながら、携帯で電話をかける。
誰にかけたのかは覚えていないが「今すぐ来てくれ、俺の部屋に今すぐ来てくれ!」と叫んだ。

すると電話の相手は落ち着いた声で「窓を開ければいい」と言った。



 そこで俺は目覚めた。

そしてホテルの部屋がやたら蒸し暑いのに気付き、寝ぼけながらベッドから起きて窓を開けに行った。

窓を開けると風が吹き込んできて、すぐ前の大通りが見えた。
時間は午前3時頃だったと思う。
大通りを歩く人が偶然上を見上げ、窓から顔を出していた俺と目が合ってしまった。
なんか「うわっ」と思い、すぐ首を引っ込めた。

それからすぐベッドに戻り、また眠った。
特に気持ち悪い夢を見ることもなく、朝9時には目が覚めた。

「そういえば窓を開けっ放しで寝ていたなぁ」と思い出して窓を閉めに行くと、開けっ放しの窓の数十センチ先は隣のビルの壁だった。
[PR]
by fozztone | 2009-05-27 22:24 | ムニャムニャ
ジョジョ実写映画化
夢の話です。






 なんと、なななんと。

あの「ジョジョの奇妙な冒険」がハリウッドで実写映画化される事が決定した。
しかも、FoZZtoneが挿入歌を書き下ろす事が決定した。

 俺はその仕事を取ってきてくれたEMIスタッフの梅チャンの顔面を舐めまわし、今世紀最大級に称えた。
渡會将士にとって両親の次にマスターピースな荒木飛呂彦先生の「ジョジョ」に音楽で参加出来るなんて、これはもう人生の存在意義を達成してしまったに等しい。

すぐさま荒木先生、監督、あとなんか偉い人いっぱい、&FoZZtoneで打ち合わせが行われる。

荒木先生は後光が射していて顔面には金粉が塗りたくられていた。
俺を見て一言、「くるしゅうない」と仰ってくれた。
マネージャーK子が間違えて「荒木ヒコマロ先生」と言ってしまい、俺はK子をつまんで窓からブン投げた。

監督は想像を絶するダメっぷりだった。
まずジョジョを全然知らないし、ハリウッド版ドラゴンボールの話を喜んでしてるし、顔はなんかスポーツ刈りのおばあちゃんみたいだった。
言ってる事はとにかく最低だ。

「まず、映画化するのはジョジョの奇妙な冒険第3部、スターダストクルセイダーズだ!主演、丞太郎役はCG!スタンドのスタープラチナ役はスティーブンセガールだ!他の役は全て排除して、主人公丞太郎と吸血鬼DIOが時間旅行能力【スタンド】を駆使して宇宙崩壊を防ぐというストーリーだ!スパゲッティーを食って虫歯がコンドームの様にペラッペラになるシーンは圧巻だぞ!」

俺はキレた。

もう彼のあらゆるところに突っ込み、20発殴り、日本人を代表してさらに30発くらい殴った。計50オラを見開きでお見舞いした。

監督はそれでも平然と言う。
「君ねぇ、ビジネスとしてのハリウッド映画を舐めてもらっちゃ困るよ!ジャップの文化を我々が昇華してあげてるんだよ!?それにねぇ、サンライトイエローのオーバードライブって必殺技、アメリカ人から言わせると変な英語だよ!?」

俺も負けじと応戦する。

「バカヤロウが!!ジョジョは日本ではアートとしてもビジネスてしてもバカウレだコノヤロウ!!つか【もったいない】も訳せないお粗末な言語使ってるのに偉そうな事言ってんじゃねぇ!!」

「フーン!言ってくれるねこのジャップ!!お前らが攻撃されても守ってやらないよ!?国連で肩身狭くなるよ!?つうかアメリカの助けがなかったらお前達何も出来ないよ!?早く公用語を英語にして社会とコミュニケーション取ってかないと虐めるよ!?相撲部屋よろしく可愛がるよ!?」

「っせバーカ!!お前らみたいに武力振りかざして保ってる平和の方が異常なんだよ!!攻め込まれる事前提にしてんじゃねぇよ!!映画の時だけのび太を助けて好感持たれてるジャイアンかお前等は!!ゆっても普段は只の音痴ないじめっ子ですから!つか武力じゃなくて言語で和解してみろやー!!」

「っさいアホー!!」

「っせバカー!!」



 もうそれはそれは醜い争いだった。

せっかく荒木先生にお会い出来たのに、なんかもうすんごいイライラカリカリして目が覚めた。

我ながら酷い夢だった。




今から札幌行きます。
[PR]
by fozztone | 2009-05-20 08:06 | ムニャムニャ
愛のメモリー



 今朝は酷い目にあった。



 俺は今朝、多分ヴィレッジバンガードにいた。
ヴィレッジはどの店舗も店員の手書きコメントがあるけど、俺が行った店には一つもコメントなく、代わりに店員がツアコンの様について回るシステムだった。

「このマンガオススメですよ」とか「ウチは本当に面白いのしか置いてないですよ」とか「ご一緒にこれもどうですか」とか、ツアコンはいちいち的外れで本当にウザかった。
「なんでワンピースが無いの?なんでピュ~っと吹くジャガーがあるのにトリコは無いの?」とツアコンに突っかかると、
「うわ、お客様少年誌系ですか!?あんなの子供が読むもんですよ?」とツアコンは笑った。
カチンと来て「漫画は基本子供向けだー!」と叫びながら頭をグーで殴った。
しかしツアコンは痛覚が死んでるらしく「ぜんぜん平気ですけど何か?」と嫌味っぽく言った。
もう一回グーで背骨を殴った。
今度は「息できない、息できないです」と言ってツアコンはうずくまった。

ツアコンは無視して俺は店の中をズンズン進んだ。
すると場末のスナックの様な空間に出た。
そこにマネージャーK子がいて、「早く早く!会議が始まるよ!」とせかすので席に付く。すると朝まで生テレビのイントロが流れる。

司会がいきなり俺に振る。
「最近一番頭に来たことは何ですか?」

俺は「某CMで●●●●●さんが□□□の△を△わされている事です!アレを△わせたヤツとあの△を▲▲にしようと言ったヤツは音楽舐めてんのかぁ!!関白宣言舐めてんのかぁ!」と全力で叫んでしまった。

するとそのCMの企業が番組のスポンサーだったらしく、俺は背広姿のクタクタのオッサン達に5人がかりで引きずり出された。
マネージャーK子が「バカ!なんであんな事言ったの!もうこれであんたおしまいよ!」と叫んでいた。
しかし俺は「いや、こんなものが終わりじゃない!お前等こそ●●●●●をもっと敬え!音楽家は企業の道具じゃないぞ!」と言い返してやった。

すると竹尾が俺の肩に手を置いて言った。
「その思いを叫べよ!」
竹尾の手にはマイクが握られていた。
俺はマイクを受け取り、そこで何故か松崎しげるの「愛のメモリー」しか思い浮かばず、とりあえず熱唱した。

するとグラスステージに集まった大観衆が皆手を繋いで「限りある人生よ~」と歌い出した。
オアシスのライブかってゆうくらいの大合唱だった。
お客さんはみな「盲パイ」と書かれたグリーンのTシャツを着ていた。
盲パイロックフェスか‥‥‥。

「そうか、音楽ってやっぱり素晴らしいんだな!」と、俺は泣いた。
そして涙をふきながら大観衆に向けて叫んだ「まだまだ行くぜー!次の曲は『モター』!」
誰の曲か忘れたが、とにかくモターって曲のイントロが始まり、正にここがツボだって所でコッシーがドラムをミスって曲が止まった。

俺は激ギレしてドラムセットにカカト落としを食らわせたところで目が覚めたのだが、実際に俺がカカト落としを食らわせたのは窓枠だった。



 だから今日はスッゴくカカトが痛い。






 今夜7時代にベイエフエムに出ます。
[PR]
by fozztone | 2009-05-07 14:00 | ムニャムニャ
「ミナミの帝王」の夜



 昔から濃い~い夢をよく見る。

最近は眠る直前に見た時事ネタやTVの内容などが夢の中にふんだんに盛り込まれている。
特に昨夜眠る前に見た「ミナミの帝王」の映画、俺のシナプスは相当お気に入りだったようだ。

そこはかとなく竹内リキの魅力が満開の夢になった。





 始まりはよく覚えていないが、俺は竹内リキ組の鉄砲玉で、これから敵対する組の親分(北大路欣也)を鋭利な歯ブラシで刺しに行くところだった。

鋭利な歯ブラシはリキ親分が「お前の命、ワシの為に散らしてこい」と言って俺に渡したのもので、これで歯肉を磨いたら熟れたトマトの様な歯槽膿漏はズタズタになるだろう。
ビジュアル的にはただの歯ブラシだ。

北大路欣也が料亭から出てきたところで俺は路地から飛び出し「うわ~!死にさらせ~!うわうわ~!」と叫びながら突撃。
だが俺は欣也の側近にあっけなく捕まり、地面に抑えつけられてしまった。

そして欣也は俺の手から歯ブラシを取り上げ「貴様!竹内組のもんやな!くたばれ!」と言って俺の歯茎をゴシゴシ磨き始めた。

「ぎゃ~!助けてくれ~!ぎゃ~!」
俺はザクザク歯茎を磨かれながら、涙を流して命乞いした。
頬をつたう涙がとても熱かったのを覚えている。
すると俺を押さえつけている側近が「もうすぐ終わりますからねー」と言って、本当にすぐ終わった。

俺は泣きながら北大路欣也に深々と頭を下げると欣也は「もうちょっとで体脂肪率が10%を切るね、頑張ろう!」と言って送り出してくれた。
良い人だった。



 角を曲がると竹内リキが待っていてくれて、「痛かったろ?よく頑張ったな」と言ってくれた。
リキ親分も良い人だ。
俺はなんだか世界中から祝福されている様な気分になって「よし、もうちゃんと就職しよう!」と思った。

すぐ近くに職安があったので駆け込み、受付にいた千原ジュニアと生野ヨウコ(フジテレビアナウンサー)に「仕事を下さい!」と言った。
すると千原ジュニアは「今空いてるのはは吉本か米屋だけや!どっちや!?」と言った。
吉本か米屋なら優しいリキ親分がいるヤクザが良い!と思い「ヤクザにします!」と言って職安を出た。結局何をしに行ったんだろう?

外ではリキ親分がこっちを睨みつけながら立っていた。
その背後には「風の谷のナウシカ」に出てくる一人乗りの変な白いグライダーみたいなヤツがあった。
リキ親分はそれに飛び乗りながら叫んだ。

「世界のどこかでは今でも戦争が続いている!果たしてそれが普通なのか!?いいや違う!俺達は愛し合わなければいけない!...そしていろいろ!もう後は自分でいろいろ考えろ!お前には解るはずだ!」

リキ親分はそのままナウシカの様に飛び去った。
すごく良いことを言われた気がしたが、「きっとリキ親分はこのまま死ぬ気なんだ」と俺は悟っていた。

いつの間にか背後には夕日が沈みかけた海が広がっていて、海面からザバーッと巨大なリキ親分が現れ「ガオー!」と叫びながら立ち上がった。

俺は「最後の決戦だ!」と言おうとして「最後のケッス...」と噛んでしまい「頑張れ竹内リキー!!」と言い直した。

リキ親分は特に何かと戦うワケでもなく、なんか銃弾を浴びたっぽい痛そうなリアクションをとってスローモーションで再び海の中へ仰向けに倒れていった。
「もののけ姫」のデイダラボッチが倒れるシーンと瓜二つだった。

夕日がとてもキレイだった。






...まぁ、その様な夢だったのだが、ここまで全編竹内リキをフューチャーした“一本筋の通った夢”を見たのは初めてだ。

いつもはわりとコロコロと内容が変わる支離滅裂な夢ばかりなのだが、目覚めた時にとても充実感があった。
[PR]
by fozztone | 2009-04-21 08:42 | ムニャムニャ