<   2009年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧
サカスプ名古屋クラブザイオンLIVE
 サカスプ会場で最も遠いハコだったけど、みんか来てくれてありがとう!

FoZZtoneの曲は緩急激しいから、初めての人はオヨヨ?と思うかもしんないが‥‥
まぁ、好きに体を動かして、ユラユラしたりピョンピョン跳ねたりでよろしくね。
もう好きにやって。
とりあえず俺等は全力でやりまっせ。





f0201843_20261434.jpg


 関係無いけどこの写真の花さ、多分アジサイだと思うんだけどさ。(アジサイと書くつもりで間違えてアサガオと書いてました。勘違いじゃなくて只の誤表記です。直しました。すまそ。)
へぇ~、と思ってなんか写真とった。

へぇ~って感じじゃない?なんか。
ふぅ~んって。

あぁ~、こんなんだっけ、へぇ~。


綺麗だな。
[PR]
by fozztone | 2009-05-30 20:26 | LIVE
横浜クラブリザード LIVE



 横浜ライブお越しのみなさん、ありがとう。

今日のアンコール曲は、アルバム『The Sound of Music』から、【NIRVANA UNIVERS】を初披露。

タイトルは「ニルヴァーナユニヴァース」じゃなくて「ニルヴァナユニヴァス」と発音して頂けると「バスガス爆発」みたいなニュアンスでなまら良い感じです。



 今日からしばらくライブを続けられる。
あぁ、幸せだな。

明日は先日行ったばかりの名古屋にトンボ返り。
サカスプで御座います。
[PR]
by fozztone | 2009-05-30 01:24 | LIVE
愛知九泊



 ‥‥‥いや、一泊しかしてないけども。



濃かったわ~、出会いも、気持ちも、味付けも(笑)
今から東京帰るけど、名残惜しいねぇ。
名古屋は食の特産物が無いと言うけど、人間は豊かなキャラが豊作ですな。

VIVA人間王国って感じでした。






 が、今朝の名古屋のホテルでの寝覚めは最悪だった。

何が最悪かって、今朝見た夢が最悪だった‥‥‥



 夢の中で俺は畳の部屋で眠っていて、左手に携帯を握りしめていた。
その携帯には充電器のコードが刺さっていて、そのコードが伸びていく先を目で追っていくと、襖(ふすま)が見えた。

充電器のコードは襖の更に向こう、隣の部屋から伸びているようだ。

「随分長いコードだなぁ」と思っていると、コードがぴーんと張って、襖がカタカタと揺れ始める。
どうやら隣の部屋からコードを引っ張っている奴がいる様だ。

俺は携帯からコードが抜けないようにコードをしっかりと握り、隣りの部屋にいる誰かに「引っ張るな」という意味を込めて、コードをくいっくいっと2回強く引いた。

すると少し間があいた後、向こうからもコードをくいっくいっと2回引っ張って来た。

少し腹が立ったので更に強くコードをぐいぐいと2回引っ張った。

すると襖の向こうから小さな子供の笑い声がして、更に強くコードが引っ張られた。
弾みで携帯からコードは抜けてしまい、そのまま襖の隙間にヒュッと飲み込まれていった。
そしてさっきよりも大きな声で子供の
笑い声が響く。

俺は「このヤロウ、イタズラして遊んでやがるな?」と思い、頭に来た。
面倒臭いけど起き上がり、襖のところへ行って「オイ!」と怒鳴りながら襖を勢いよく開けた。

真っ暗い部屋の中に裸の子供が座り込み、こっちを見て笑っている。
手には携帯のコード。子供は俺を見てさらに大声でゲラゲラ笑う。

が、目は全然笑っていない。
「ぎゃあは、ぎゃはは」
前歯が一本もない。

その異様さに、「あぁ、これは完全に生じゃないな」と思い、すぐに襖を閉じる。
が、子供は向こう側から襖を開けようとしている。「ぎゃはは、ぎゃあはは」
それも尋常じゃない馬力だ。
俺は全力で襖を押さえつけながら、携帯で電話をかける。
誰にかけたのかは覚えていないが「今すぐ来てくれ、俺の部屋に今すぐ来てくれ!」と叫んだ。

すると電話の相手は落ち着いた声で「窓を開ければいい」と言った。



 そこで俺は目覚めた。

そしてホテルの部屋がやたら蒸し暑いのに気付き、寝ぼけながらベッドから起きて窓を開けに行った。

窓を開けると風が吹き込んできて、すぐ前の大通りが見えた。
時間は午前3時頃だったと思う。
大通りを歩く人が偶然上を見上げ、窓から顔を出していた俺と目が合ってしまった。
なんか「うわっ」と思い、すぐ首を引っ込めた。

それからすぐベッドに戻り、また眠った。
特に気持ち悪い夢を見ることもなく、朝9時には目が覚めた。

「そういえば窓を開けっ放しで寝ていたなぁ」と思い出して窓を閉めに行くと、開けっ放しの窓の数十センチ先は隣のビルの壁だった。
[PR]
by fozztone | 2009-05-27 22:24 | ムニャムニャ
仏について

 「仏について」
   歌詞/ゴータマサシッダルタ

 悟り合う度に揺られて
 見失う度に出家していた
 涅槃は神に委ねて
 何を犠牲にしても

 まだ見えない
 追いつけないガンダーラ



 浜松のラジオに出演した際に、局の方と仏像について多少話をして来た。

仏像が静かなブームらしい。
全国の本屋ではビジュアル重視な仏像雑誌が売れているという‥‥‥ビジュアル重視な仏像って(笑)



 俺は別に仏像マニアってワケでもないが、強いて言うなら木彫りの仏像は好きだ。

パンパンに張った筋肉に血管の細部まで細かく削り出された金剛力士像や十二神将像、首筋の筋肉が最早エロティックでさえある馬頭観音もカッコいい。
ツルンとした千手観音とかよりも断然マッチョ仏像派だ。
密教系だが、象の頭をしたガネーシャもアブノーマルな造形美に満ち満ちている。

それはきっと大木から彫り出された仏像達が放つ猛々しいのパワーに魅力を感じているからではなかろうか。

でもツルンとした仏像が好きな人は何だろか、やっぱ美少年好きなんだろうか?
仏像ブームは女性の間で広がってると聞いたが‥‥‥仏像マニアの間でどの辺がツボなのかは不明だし、マッチョ派ツルン派の割合も不明だ。

まだまだ謎は深いね。



 つかさ、仏像ブームの流れで即身仏ブームは来ねえのかな?

俺、宇宙空間で即身仏になるのが夢なんだよね。
まぁ百歩譲っても宇宙葬がいいかな。
大気圏葬とかは今でも十分可能だろうね。「やはりザクではもたんか!」とか言いながら燃え尽きたい。

そしてやっぱりブラックホール葬が究極だね。
重力の臨界点を超えた世界で死にたいね。

そしたら本当の仏じゃね?



仏教は人の中に仏を見出したところが良いね。
仏像ブームが転じて即身仏ブーム、最終的に人間ブームになったら良いね。

もう何がなんだかわかんねぇけど。
[PR]
by fozztone | 2009-05-27 11:15 | グダグダ
裁判員制度に向けて個人的に推奨する漫画



 既に始まってるのになんですが‥‥‥今更ながら裁判員制度ってすげぇな。

いきなり選出された人達が被告の人生を左右する判決を下したという業を一生背負うなんて。
俺達にナイーヴな心なんてねぇと思ってんのかな、国は。バカなんじゃねえの?

審議内容の守秘義務も一生だという。
いきなり秘密が詰まったカバンを握らされて「墓まで持ってけ」と言われるなんてもう国家規模の恐喝みたいなもんだ。

オマケに判決も多数決。
正義は真理ではなくて過半数だと豪語しているようなものだ。なんて恐ろしい事だろう。

何よりも恐ろしいのは、自分が正義だと信じ込みながら人を裁く時の自分のツラだ。



しかもほら、テレビで政治家とかが散々言ってるじゃんか
「裁判に皆さんのフレッシュな意見を」って。
‥‥‥ホントバカなんじゃねぇの!?
フレッシュだろうが干からびてようが判決は判決だろうがよ。
グロい現場写真見せられて心に闇抱えちゃったらどうしてくれるんだよ。
俺の友達にゃ虫の死体も見れねぇナイーヴな子何人かいるぞオイ。

あの法律決めた奴らはもうちょっと勉強した方が良い。
「モリのアサガオ」ってマンガ読んで勉強した方がいい。
「家裁の人」も読んだ方がいい。
麻生さん読んでねえのかなぁ?
まぁ麻生だけ読んでてもしょうがねぇけどさ。




‥‥‥てなわけで、今日紹介するマンガは2本
「モリのアサガオ」郷田マモラ

「家裁の人」作 毛利甚八/画 魚戸おさむ



「モリのアサガオ」‥‥死刑には、宣告を受けてから執行されるまで様々な手続きがあり、恐るべき時間を要する。
どんなに社会を騒がせた凶悪犯でも、死刑が確定した時点で人々は忘れ去ってしまうが、社会が忘れ去った後も殆どの死刑囚は生きている‥‥‥死刑の順番を待つ為に。
死刑囚の世話をする刑務官の目線から、死に怯える人間達と法の在り方を描いた大人向けのストーリーです。(完結済み)

絵がかなり独特ですが、そのお陰でディープ過ぎる内容もエグくなりません。
裁判員に選ばれてみてえなぁ~なんて気楽に思ってるアホは一回読んでみよう!
ちょっとした虚しさを味わえたら君は大人だ!



「家裁の人」‥‥‥家庭裁判所で働く家庭栽培好きなオッサン裁判官が主人公。
人の生活に根付いたドロドロした問題の数々を、毎回花や草木の生態になぞってハートフルに描く。

法律関係の方で、この漫画を愛蔵している人はかなり多いそうです。
ちなみにうちの実家のトイレにはこれが全巻揃ってて、家族全員でハマってました。

裁判員制度は刑事事件だけですが、この漫画を読んでると民事裁判も相当めんどくせえんだなぁ~と解る。
刑事事件よりも「罪の在り方」が複雑な民事裁判は、裁判官や裁判員の心が問われる気がする。
けっこう長編で、ラストの数巻にまたがって描かれている少年犯罪の話はかなりイイ。
グチャグチャでドロドロでザクザクだけど、少年の初々しさと清々しさが混在してて、なんかもう最終的には「うわぁー 」ってなる。




 ‥‥‥‥ヴ●ッ●バ●ガ●ドもさぁ、偉そうに手塚治虫の漫画並べる前に良質な社会派漫画一式揃えろっつんだよなぁ、ったくよ。
ほんとアイツ等ファッション感覚だからよ、ムカつくんだよ。
「フレッシュ裁判」とかゆってる政治家もファッション感覚なんじゃねぇの!?
人を裁くなんて怖くてしょうがなくて当たり前だバカヤロウ。

あー、なんか腹立ってきた‥‥‥

漫画と裁判にはもっと気合い入れろよな!

あとな、ウチの近所の本屋なぁ!IKKIコミックスをモーニングKCと同じ列に並べるんじゃねぇよ!!探しづれえだろが!!

気合い入れて陳列しろやぁ!!
[PR]
by fozztone | 2009-05-25 08:46 | COMIC
宇都宮ヘブンズロック



 ライブに来てくれたみんな、おつかれさん!
汗しっかり拭きつつ、引き続き手洗いうがいも忘れずに!

今日のライブもやっぱり気合いが漲りすぎてしまたよ(笑)
あー楽しかった。

みんなも楽しんでくれてたら幸いだ。



こっからしばらくはライブ&キャンペーン三昧になるので、続々参戦お待ちしてるよ!

マジで風邪ひかねぇように気をつけて。
おつおつおつー!






 つかさ、ライブ終わる頃には餃子屋が全部閉まってるってどうゆう事?

ちょ、宇都宮のみんなさ、その辺なんとかしといてよ。
ライブ終わった後にホッカホカの餃子食えるように店に言っといてよ。

よろよろしくしく。
[PR]
by fozztone | 2009-05-24 22:24 | LIVE
エキゾチック植物と警察手帳



 死ぬほどどうでもいいんだが‥‥‥



 TVドラマで刑事が一般市民に警察手帳を見せて「捜査にご協力願います」とか言ったり、家宅捜索の書類を見せて容疑者の部屋に押し入ったりするシーンがよくあるが‥‥‥

いざ警察手帳を見せられても、それが本物かどうかの判断はどうやってしたらいいんだろう?家宅捜索状なんて誰も見たことないだろうし。




 もしも‥‥‥俺の肩甲骨から不思議な香りのするエキゾチックな植物が生えてきて、その分泌物によって近隣住人の皆様がムンムンして夜も眠れなくなった場合、警察の方が家宅捜索に来ることもあるだろう。
そんな時、本物の警察手帳を知らなければ「今流行りのナントカ詐欺だろ?え!?そうなんだろ!?」と、警察官の方に殴りかかってしまうかもしれない。
そうなったら猥褻臭垂れ流し罪に公務執行妨害のバリューセットがついて刑期が伸びてしまう‥‥‥これは重大だ。

いや、それ以前に自分がそのエキゾチック植物のエキゾティック分泌物でムンムンして眠れず、警察に助けを求めるかも知れない。
そんな時も、やはり警察官を警察官だと証明するべきものは誰が見てももっともらしくあるべきだ。



 実際、警察手帳ってのはどんなデザインなんだろう?

ネットで調べたら警察手帳の画像がめちゃくちゃいっぱいアップされてた‥‥‥個人のブログとかで。
これはセキュリティー的に大丈夫なのか?警視庁。

デザイン的にはなんかオモチャみたいだった。
エンブレムはガンプラとかを改造するパテで作れそうな感じだ。
お札みたいに偽造不可能な技術を用いて作られているワケでもなさそうだし、ましてや誰もが本物を知ってるワケじゃない。
これはゆゆしき問題だ。

例え荒っぽい偽造品の手帳であっても、適当な黒いスーツにトレンチコートを羽織り、バッチリ七三に決めていれば刑事だと信じてしまいそうだ。

ドラマ水戸黄門にも「ニセ黄門が偽造印籠で人々を騙す」という話があった気がする。
つかそもそも黄門様が印籠を見せた時に「あ、あれは水戸光圀様の印籠だぁ!」と理解出来る一般町民達はなんなんだ?

まぁそれは置いといて、警察手帳には誰もが必ず理解出来て偽造出来ない構造が必要だ。




俺なりに色々考えてみたが‥‥‥


 遠山の金さんを見習って全身に桜吹雪の入れ墨を掘るのはどうだろうか。
左胸の皮膚には自分の顔写真を縫い付け、外科手術以外では取り外し出来なくする。
その下に生年月日や所属する署や管轄の書かれたプレートも埋め込む。
その他「警察官」「交通安全」「白バイ」「桜田門」「親子三代前科無し」などの入れ墨を至る所に施す。
体を張った警察手帳だ。

きっと偽造する気も起きないだろう。
警察官はみんな着物を着て、身分を証明する時は金さんよろしくグイと肌をさらして「○○署からめえりやした、公僕でごぜえます、おひけえなすって!」と叫ぶ。
うん、見たい。



 いや、むしろ警察官がみんなロボコップになればいい。

警察官がみんなロボコップならいちいち身分を確認する必要なんて無いし、偽造もかなり難しい筈だ。
ロボコップが浸透したあかつきには、
「ママ、僕大人になったら警察官になる!」
「ダメよケンちゃん、あなたはちゃんと人間の大人に育ってね。」
なんて会話をする親子もきっと増えるだろう。


そしてそんな彼等が家宅捜索状を持って来たら、本物だと信用出来る。

いつ何時、肩甲骨からエキゾチック植物が生えてきても、僕も君も安心だ。
[PR]
by fozztone | 2009-05-23 20:17 | グダグダ
タワレコ新宿店インストアライブ



 タワーレコード新宿店でのインストアライブに来てくれたみんな、ありがとう。
なんか久々の大入りだったそうです。頑張って並んで待ってくれたみんなもありがとう。
帰ったらちゃんと手洗いうがいを忘れずに。



 今日やらせてもらったFoZZtone以外の曲は、コリーヌ ベイ リーレイの【プット ユア レコーズ オン】(だったかな?)
と、ハナレグミの【家族の風景】
ピロウズの【ファニーバニー】(サビだけ)
それからベン E キングの【スタンド バイ ミー】と浜田省吾先輩の【悲しみは雪のように】(サビだけ)
も、やらせてもらいました。

それから、2ndアルバムから【ホールケーキ】という新曲も。

なんとなく、全て雰囲気だけでした(笑)




 次のインストアは名古屋、お楽しみに。
[PR]
by fozztone | 2009-05-22 22:37 | LIVE
美味いは甘い


なんか今日の札幌はすこぶる天気が良かった。
日差しが熱いなとすら思った。
キャンペーンとしてはかなり久々の札幌で御座います。
普段なかなか来れないとこだし、いろんな方がFoZZtoneを知っててくれたり覚えててくれるとかなり有り難い気分満載です。

カツカツに色々キャンペらせて頂けました。

んでその合間にカフェエッシャーの野菜カレーを食いました。
f0201843_10535047.jpg

実はあんまりスープカレーは好きじゃないんです。


でも夜はちゃんと魚食ったよ。
道民のみんなはもっと北海道の魚を押していくべきだよ。ジンギスカンとかスープカレーよりも、魚の美味さの方がよっぽど異常だよ?。もう東京で生魚は食えねぇ‥‥

この日はここで。
f0201843_10535064.jpg

f0201843_10535095.jpg

結構食っちゃって‥‥全然微妙な写真になっちゃったけど魚は本当に美味かった。あと野菜も神懸かり的に美味かった。




でも結局シメに二郎系ラーメン食う。
f0201843_10535031.jpg

[PR]
by fozztone | 2009-05-20 23:53 | MUSIC
ジョジョ実写映画化
夢の話です。






 なんと、なななんと。

あの「ジョジョの奇妙な冒険」がハリウッドで実写映画化される事が決定した。
しかも、FoZZtoneが挿入歌を書き下ろす事が決定した。

 俺はその仕事を取ってきてくれたEMIスタッフの梅チャンの顔面を舐めまわし、今世紀最大級に称えた。
渡會将士にとって両親の次にマスターピースな荒木飛呂彦先生の「ジョジョ」に音楽で参加出来るなんて、これはもう人生の存在意義を達成してしまったに等しい。

すぐさま荒木先生、監督、あとなんか偉い人いっぱい、&FoZZtoneで打ち合わせが行われる。

荒木先生は後光が射していて顔面には金粉が塗りたくられていた。
俺を見て一言、「くるしゅうない」と仰ってくれた。
マネージャーK子が間違えて「荒木ヒコマロ先生」と言ってしまい、俺はK子をつまんで窓からブン投げた。

監督は想像を絶するダメっぷりだった。
まずジョジョを全然知らないし、ハリウッド版ドラゴンボールの話を喜んでしてるし、顔はなんかスポーツ刈りのおばあちゃんみたいだった。
言ってる事はとにかく最低だ。

「まず、映画化するのはジョジョの奇妙な冒険第3部、スターダストクルセイダーズだ!主演、丞太郎役はCG!スタンドのスタープラチナ役はスティーブンセガールだ!他の役は全て排除して、主人公丞太郎と吸血鬼DIOが時間旅行能力【スタンド】を駆使して宇宙崩壊を防ぐというストーリーだ!スパゲッティーを食って虫歯がコンドームの様にペラッペラになるシーンは圧巻だぞ!」

俺はキレた。

もう彼のあらゆるところに突っ込み、20発殴り、日本人を代表してさらに30発くらい殴った。計50オラを見開きでお見舞いした。

監督はそれでも平然と言う。
「君ねぇ、ビジネスとしてのハリウッド映画を舐めてもらっちゃ困るよ!ジャップの文化を我々が昇華してあげてるんだよ!?それにねぇ、サンライトイエローのオーバードライブって必殺技、アメリカ人から言わせると変な英語だよ!?」

俺も負けじと応戦する。

「バカヤロウが!!ジョジョは日本ではアートとしてもビジネスてしてもバカウレだコノヤロウ!!つか【もったいない】も訳せないお粗末な言語使ってるのに偉そうな事言ってんじゃねぇ!!」

「フーン!言ってくれるねこのジャップ!!お前らが攻撃されても守ってやらないよ!?国連で肩身狭くなるよ!?つうかアメリカの助けがなかったらお前達何も出来ないよ!?早く公用語を英語にして社会とコミュニケーション取ってかないと虐めるよ!?相撲部屋よろしく可愛がるよ!?」

「っせバーカ!!お前らみたいに武力振りかざして保ってる平和の方が異常なんだよ!!攻め込まれる事前提にしてんじゃねぇよ!!映画の時だけのび太を助けて好感持たれてるジャイアンかお前等は!!ゆっても普段は只の音痴ないじめっ子ですから!つか武力じゃなくて言語で和解してみろやー!!」

「っさいアホー!!」

「っせバカー!!」



 もうそれはそれは醜い争いだった。

せっかく荒木先生にお会い出来たのに、なんかもうすんごいイライラカリカリして目が覚めた。

我ながら酷い夢だった。




今から札幌行きます。
[PR]
by fozztone | 2009-05-20 08:06 | ムニャムニャ